2018年08月11日

税務署から電話が!!「え?!まだ課税事業者ですか??」

本当に税務署からの電話は、ドキドキしますよね〜
たまたま電話には気が付かずに、着信で電話番号を調べたら税務署からでした。

折り返しで電話してみると、消費税が納付されていないという電話でした。
さらに延滞税と加算金が課せられるとのこと。

不適用の届出も出されてないから出してってことでした。

なんとなくその場ではそうなんですね〜って感じで電話を切りました。

家に帰ってきてから書類を確認すると、提出してあるじゃんww
税務署でちゃんと受理されてる。

また週明けに電話だなぁ〜
お盆だし担当者いなさそうww

平成27年に個人事業開始して、平成27年・平成28年と消費税を納税しました。
そして、平成28年3月に不適用届を提出済みです。

平成29年は消費税納める必要ないですよね??
ご存知の方いらっしゃったら教えてください!!


ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ
posted by リアルティ at 10:36| 長野 ☀| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
課税選択してはじめの2期間のあいだに調整対象固定資産を取得しますと課税3年しばりになります。1期目の27年に取得しますと29年まで課税。1期目と2期目に取得しますと30年まで課税。1期目と3期めに取得なら29年まで課税、3期目に取得なら5期目の31年まで課税です。それと平成28年4月1日以降に高額資産を取得しますとそこから3年課税でしばられます。すいませんが税理士免許もってませんので詳しくは専門家に。

Posted by IT at 2018年08月11日 13:13
まちがえました。3期めの29年だけ取得なら30年に免税にもどれます。
Posted by IT at 2018年08月11日 13:17
平成27年に太陽光発電所を取得されただけでも、29年までは課税業者だと思います。
Posted by 竹市公彦 at 2018年08月11日 19:42
届を提出していても、要件を満たしていないと届けを出していないということになります。
つまり不提出という扱いになります。
請求は29年分だと思います。
30年分は無理ですが、今出せば31年からの適用になると思います。
Posted by kurikington at 2018年08月11日 21:27
昨年発電所を購入していると思いますが、
それだと32年から適用と思います。
でも6機もあると売り上げ1000万越えで、課税業者かと思います。
Posted by kurikington at 2018年08月11日 21:31
26年から課税の当方は先般税務署へ呼ばれてチェックをうけました。課税1期26年取得、2期め27年取得なし、3期目28年取得ただし高額取得には
ひっかからず、4期め29年免税にもどりました。消費税法に抵触していません。
Posted by IT at 2018年08月12日 05:01
消費税法9-7 (第一段階のしばり 第二段階別途規定高額資産取得H28.4.1から)
第五項の場合において、第四項の規定による届出書を提出した事業者は、同項に規定する翌課税期間の初日から同日以後二年を経過する日までの間に開始した各課税期間(第三十七条第一項の規定の適用を受ける課税期間を除く。)中に国内における調整対象固定資産の課税仕入れ又は調整対象固定資産に該当する課税貨物(他の法律又は条約の規定により消費税が免除されるものを除く。第九項、第十二条の二第三項及び第十二条の四において同じ。)の保税地域からの引取り(以下この項、第十二条の二第二項及び第十二条の三第三項において「調整対象固定資産の仕入れ等」という。)を行つた場合(第四項に規定する政令で定める課税期間において当該届出書の提出前に当該調整対象固定資産の仕入れ等を行つた場合を含む。)には、前項の規定にかかわらず、事業を廃止した場合を除き、当該調整対象固定資産の仕入れ等の日(当該調整対象固定資産の仕入れ等に係る第三十条第一項各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める日をいう。以下この項及び第十二条の二第二項において同じ。)の属する課税期間の初日から三年を経過する日の属する課税期間の初日以後でなければ、第四項の規定の適用を受けることをやめようとする旨を記載した届出書を提出することができない。この場合において、当該調整対象固定資産の仕入れ等の日の属する課税期間の初日から当該調整対象固定資産の仕入れ等の日までの間に同項の規定の適用を受けることをやめようとする旨を記載した届出書をその納税地を所轄する税務署長に提出しているときは、次項の規定の適用については、その届出書の提出は、なかつたものとみなす。

Posted by IT at 2018年08月12日 05:16
ITさん

コメントありがとうございます。
非常に分かりやすく年数を入れてくださりありがとうございます。
払うしか選択肢はなさそうですね〜
Posted by リアルティ at 2018年08月12日 10:26
竹市公彦さん

コメントありがとうございます。。
やっぱりそうなんですね〜
Posted by リアルティ at 2018年08月12日 10:28
kurikingtonさん

コメントありがとうございます。
根拠条文まで教えてくれてありがとうございます。
要件を満たしていないと受付しても不提出扱いになるとは、さすがは税務署ですね。
抜かりないですね。
お金を集めるのが仕事なので致し方ない面もありますが、それでも、行政サービスとしたらどうなんでしょう・・・
きっと消費税は事業者を対象にしているので、税理士さんとかそういう人達を想定しているからなんでしょうねww
悔しいけど、無知な自分が悪いですね〜
Posted by リアルティ at 2018年08月12日 10:32
ITさん

そうなんですね〜
呼ばれてチェックされることもあるんですね。
今回は大人しく納めるのが吉ですね。
逆らってもいいことないですしね。
Posted by リアルティ at 2018年08月12日 10:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: