2017年12月12日

維持管理のためには15度で防草シートがベスト?!(その2)

前回は雪国である長野県では、架台は15度がベストというようなお話をしました。
しかし、そこにはもう一つポイントがあって、地上高をしっかり確保するということです。
角度をつけて雪を滑り落としても、地上高がないと、雪が下につかかってしまい、それ以上雪が落ちなくなってしまいます。

そして、草対策です。
これは切っても切れないですよね。
私も草対策で苦しんでいます。
毎年いろんな試みをしていますが、なかなかうまくいきません。
やはり一番は防草シートがベストかなと考えています。

その中で、今回の講習会では、防草シートの話もありました。
防草シートの上に砕石を入れたら、そこから草が生えてきてしまったというお話がありました。
なので、防草シートの上に砕石などはNGってことですね。
あと、パネル下もしっかり草が生えてきます。
なので、パネル下へも防草シートを引いた方がいいというお話でした。
パネル下は乗用草刈機などの機械が入れないので、人力で刈るしかありません。
これがかなり厄介ということでした。
管理しやすい発電所は、架台が15度、地上高確保、防草シートはしっかり施工。
講習会では、これが今のところの結論でした。

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ
posted by リアルティ at 07:03| 長野 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。いつもブログを拝読させていただいております。

パネルの角度ですが
私の設備では、
11月から1月にかけては
15度と30度ではその差ははっきりと出ています。

また、パネルの汚れ方もかなり違います。15度だとパネルの下の方にほこりがたまってしまいます。一方30度のほうは雨の勢いで流れます。

ただし、強風の影響を考慮すると結局どっちがいいのかとなります。
Posted by katochan at 2017年12月13日 20:41
katochanさん

いつもありがとうございます。
冬場は30度の方が有利ですよね。
ただ、講師を務めてくれた岡谷酵素の発電所では、専門家の教授も入れて研究しているので、どうなんでしょう。
まだ3年ですからね。
長いことで考えたらよごれはたまっていきそうな気がしますね。
Posted by リアルティ at 2017年12月15日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: