2017年05月03日

スマートメータって本当に便利ですね!

スマートメータって時間ごとの発電量もわかるので、本当に便利ですね☆
私の場合、中部電力管内なので、カテエネに登録するだけで毎日の発電量を確認できます♪
なんでもっと早く活用しなかったんだろう(笑)
今までは近くに行った時に、メータで確認してましたww
まぁ自宅から30分くらいで行けるところなんで、ちょいちょい確認に行けるので問題ないのですが^^
遠隔監視のようにパワコンやストリング、パネル毎のエラーは発見できませんが、これが無料で提供されると考えれば、とってもお得ですね☆
私が2号基・3号基に設置したなんちゃって遠隔監視よりは格段に優れています☆
同じようなkw数の発電所を保有しているので、その発電量と比較すれば大きな事故は分かると思います。

ちなみに4月の発電量は8,334kwでした。
発電所のスペックは京セラで58.24kw、架台角度20度です。
パワコンは新電元で49.5kwです。
絶好調ですね☆

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ


posted by リアルティ at 11:33| 長野 | Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関西電力と中部電力管内は、売電量も見えるのですね。

四国電力では、30分別・日別の買電量はみえますが、売電量は見えませんでした。

ネットで他電力が見えていたので、裏技的に買電のみ新電力に契約変更して、スマートメータ化したのに、肝心の売電が見えずとても残念です。

究極の遠隔監視ですよね。
スマホからもカテエネがいつでもどこでも監視できてうらやましい限りです。
Posted by まっくんち at 2017年05月03日 19:01
中部電力うらやましいです。

私も同じような管轄電力会社のキレイライフプラスというものに登録していますが、月毎の売電量は見れるのですが毎日の売電量までは表示してくれないです。スマートメータ付けているのですから毎日でも毎時間でもやろうと思えばできるはずなのに。

と、文句を言ってもしかたないので自分でHEMS機器を取り付けることを検討しています。

何度もですが中部電力うらやましい。
Posted by kodak at 2017年05月04日 06:16
まっくんちさん

関西電力が見られるのは知っていて、中部電力でもできるので、どこの電力会社でも見えるものだと思っていました。
四国電力は売電は見られないんですね。
そしたら、何かしらの遠隔監視システムが必要ですね。
購入分見られるというこは従量電力でしょうか!?
それなら、なんちゃって遠隔監視を付けるのも一つの手かもしれませんね。
Posted by リアルティ at 2017年05月05日 14:00
kodakさん

月毎の売電量が見られても、あまり意味ないですよね。
というか、中部電力だと月毎の売電額ならスマートメータじゃなくてもみられた気がします。

近くに発電所があるなら、なんちゃって遠隔監視という選択肢もありかもしれませんよ☆
Posted by リアルティ at 2017年05月05日 14:13
四国電力も月別の電気量は、売買とも検針日を基準にみえます。

五十鈴の丘発電所では、余剰配線で買電は従量電灯契約でしたが、スマメ交換のため、基本料金無料のLooop電気おうちプランに、変更しました。

京セラエコノナビットを設置して日々のデータは確認できますが、自宅からのみで、外部からの閲覧ができません。
そこで、四電コンシェルジュで30別・日別売電量を遠隔監視する予定でした。

わたしも、売電も買電同様に他電力のように見えると思って誤認していました。

今後はBルート対応サービスHEMS機器あるいはクラウド監視を将来設置計画に変更予定です。
Posted by まっくんち at 2017年05月05日 15:49
まっくんちさん

LOOOP社は再エネ事業で色んなことを事業化していますよね☆
私も随時LOOOP社の情報はチェックしています。
そもそも、野立て太陽光の情報に気が付いたのもLOOOP社の見学ツアーがきっかけだったんですよ☆

遠隔監視については、大事故に至らない程度の確認が出来れば良いかなと感がています。

私は遠隔監視にはついては、大事故に気が付ければ良いかなぁ〜くらいに考えています。
借金が返せて想定している程度の利益が得られれば良いかなと。
遠隔監視には、あまりお金はかけない方向で考えています。
当初はメンテナンスフリーなんていわれていたんですから。
Posted by リアルティ at 2017年05月07日 11:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: