2016年01月28日

今週末にまた雪・・・なんて予報が。。。

せっかく雪を降ろしてきて発電も回復してきたのに、また今週末に雪なんて予報が出ています。。
困りましたね。
最近の天気予報は良く当たりますし、、、
現実にならないと良いなとは思っています。

さて、昨日書いた架台の件ですが、架台を低くすることも良いかもなんて書きましたが、雪が落ちて下にたまるので、あまり低すぎると今度は雪が下に溜まってしまってストッパーになって、落ちないこともあるなぁ〜なんて思いました。
何が正解かわかりませんww
特に角度をつけると、架台を低くしても届かないなぁ〜なんて考えたりもして。

雪対策としては、架台の高さ云々より、やはり架台の角度をつけるのがベターな対策ですね!

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ
posted by リアルティ at 07:26| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなに雪ごときで悩むなら、初めから雪の降らない立地で考えるか、散水融雪装置を考えることです。
ただし散水融雪装置の水は純粋が必要で、純粋製造プラントも設備することです。
一層のこと、自然任せの太陽光発電なんか止めてしまうことです。
そうすれば悩むことなく、精神衛生上よろしいかと。
Posted by 自由ヶ岡 at 2016年01月28日 13:07
自由ヶ岡さん

おっしゃることはごもっとも(笑)
雪の降らない立地で考えるべきですね。
私が設置した場所も本来は雪の降らない地域なんですけどねww想定外ってやつですね。
Posted by リアルティ at 2016年01月29日 07:27
おはようございます。

本州であれば、どこに設備を設けようと雪は降りますよ。

雪対策を考えるなら、30度で1m以上の高さがあれば大丈夫ではないでしょうか。問題はすでに設置済みの設備に対しての対策ですよね。今更、パネルを全部はずして・・・ぞっとします。

私は出来るだけマメに実労対応しています。

パネルの雪落しは、パネルの清掃も兼ねるのでいいと思いますし。

車で1時間40分もかけて作業しています。
Posted by katochan at 2016年01月29日 10:41
富士山の永久凍土ではないのですから、溶けない雪と終わらない渋滞はありませんから、そこまで気にしなくても良いと思います。知人も千曲の屋根置き5度なので結構発電0が4〜5日あったりしますが、夏場の日射とかで結局は発電量は良いですね。長野・甲信越地区は激しい台風におびえることも少ないから、架台積雪強度だけ少し気にかければ良いと思います。30度以上で1mにするとコストと夏場に発電量が落ちるので豪雪地帯以外はそこまでしなくても・・・
Posted by 風の谷 at 2016年01月29日 12:51
katochanさん

私も実労対応しています。
労働力はタダですからね。
30°あっても寒いので、案外溶けませんww
Posted by リアルティ at 2016年01月30日 18:27
風の谷さん

確かにあまり難しく考えても仕方ないですよね。
長野は台風を気にしなくて良いっていうのは非常に大きいです。
おっしゃる通り発電も雪の影響を考慮してもシュミレーション以上行きますね。
Posted by リアルティ at 2016年01月30日 18:31
先日の雪下ろしされたパネルの角度はどのぐらいですか?
Posted by 通りすがり at 2016年01月31日 08:13
通りすがりさん

こちらのパネルの角度は10度ですよ。
Posted by リアルティ at 2016年02月02日 07:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: