2016年01月27日

架台は高いものが良いと思っていましたが・・・

今回の雪降ろしを体験して、一概にそうでもないかもしれないという思いに至りました。
というのも、雪降ろしをするには架台は低いほうがやりやすいからです。
より多く雪を降ろせます。
確かに夏場の草仮は多少頻繁にやる必要がありますが、草刈りは頻度を上げれば対処できますが、雪降しは限界があります。
目と鼻の先にあるような発電所であれば、架台は低めが良いかもしれません。
雪国の場合ですけどね。
強風対策にもなると思います。
発電量的には、雪の影響の方が草刈りを少しサボるよりも影響は大きいですからね〜
なにもしなければ、今回のように2週間近く発電なしなんてことになりかねないです。
これから建設される方については、この点を考慮されても良いのかなと思います。

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ
posted by リアルティ at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: