2016年05月03日

57.2kwの分譲案件のキャッシュフロー表を見て愕然

57.2kwで約1,800万(税込)の案件の問い合わせをしました。
これには遠隔監視システムや負担金等も含まれています。
売電単価は27円です。
表面利回り10.8%だということです。
これとは別途で地代が年10万かかります。



(この広告はグーグルアドセンス広告とは無関係です。)
この案件の資料に添付されていたキャッシュフロー表を見ると、借金を返し終わるまでは年間での収益が、なんと10数万円なんですよね。。
つまり月1万程度の収入です。
消費税還付をすれば当初のキャッシュフローを100万円くらい確保できます。
それを考えても借金を返し終わるまでは、月2万くらいのプラスにしかなりませんww
1,800万も投資して当面のキャッシュフローが月2万というのは・・・
もちろん借金が返し終わった16年目からは150万くらいの収益にはなるので、最終的に1,000万近い収益にはなります。

この程度の利回り案件だと手を出しずらいなって感じがします。
買わなければ収益ゼロなので、最終利益を考えれば購入した方が良いんでしょうが・・・
既に5号基も保有している自分としては、リスクを冒してそこまで利益を求める必要もないのかなと。。

利回りの良い案件はあっという間に売切れになってしまいます。
辛抱強く利回りが確保できる案件を探し求めていきたいと思います。
分譲案件を探すよりも土地から探した方が早いかなぁ〜

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ
posted by リアルティ at 11:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする