2016年02月05日

日銀のマイナス金利は太陽光には追い風かも

日銀のマイナス金利政策が先日発表されましたね。
銀行とかは日銀に預けておくと資産が目減りすることになります。
ということで、お金が市場に出回ってインフレにつながるという期待を込めて、日銀が打ってきた政策です。
デフレ脱却、インフレ2%を目標とするにあたって、なりふり構わずって形ですね。

そこで、比較的固い投資先とされている不動産関係の株が一気に騰がりました。
きっと不動産投資への融資が付きやすくなって市場が活性化するという憶測から株価が騰がったんだと思います。



(この広告はグーグルアドセンスとは無関係です)

となってくると、太陽光もけっこう固い投資だと思うんですよね。
投資した案件の実績も銀行に積み重なっているでしょうし、太陽光に対する信頼も上がってきているんじゃないかと思います。
そうなると、太陽光への融資も少し審査が甘くなるの可能性が出てくるのかなと思います。
今まではダメだった人でも融資が付く可能性も出てくるかもしれないし、融資枠も若干広がる可能性もありますよね。
嫌でも期待しちゃいますね。
融資が付くならもう1基くらいありかも・・・なんて(笑)
もう5基目で最後にしようって決めたんだけどなぁ〜ww

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

posted by リアルティ at 07:08| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする