2016年01月17日

最終的な契約内容

途中で値引きがあったりしたので、当初とは内容が変わったので、ここにまとめておきたいと思います。

太陽電池容量  59.77kw
設備認定容量  49.50kw
売電単価    27円
モジュール   長州産業 CS-246B41
モジュール枚数 243枚
パワコン    オムロン KP55M-J4-SS
パワコン台数  9台
架台      アルミ20°傾斜角度
基礎      スクリュー杭基礎工法 L=1600
保険料     別途【5万弱(自然災害&休業補償)】
土地代     込
エコメガネ   込
フェンス    込
中電負担金   込
登記費用    込
日射量     4.10

最終的には、3,490万円(税込)で契約しました。
1基あたりの税抜き価格で考えると、1,615万円です。


(この広告はグーグルアドセンスとは無関係です)
合わせて、1年目と9年目での無料点検もつけてもらいました。
発電実績でいうと、kwあたり1200kwくらいは発電しているとのことで、1基あたりの売電額は年間210万円。
それで、表面利回りを計算すると12%くらいです。
一般のシュミレーションソフトを使ったところ、1基当たりの年間発電量は66,726kwでした。
これで、表面利回りは、11.15%となります。
国産のパネル約60kwで、フェンス・遠隔監視費・土地代・登記費用・負担金込にしては良い価格かなと思います。
まぁまぁじゃないでしょうか。
メンテナンス費がもったいないので、長野県内でということで探していました。
このメンテナンス契約が不要というのが最大のメリットだと考えています。

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ
posted by リアルティ at 09:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする