2016年01月12日

陽が少しずつ長くなってきていますが、私の発電所は・・・

1号基の高枝切の作業は段取りが悪く、陽が落ちて18時過ぎまでの作業になってしまいました。
少し前なら17時といえば真っ暗でしたが、まだ薄暗い感じでしたね。
陽は確実に長くなっているなぁ〜と実感しました。

しかし、私の発電所は16時といえば、太陽が山に沈んでしまいパネルに陽は当たらなくなってしまいます。
冬至から半月以上が経過してこの状況なので、冬至の時は15時半といえばきっとパネルに陽は当たっていないでしょうね。


(この広告はグーグルアドセンスとは無関係です)
山間にある発電所だとこういうことは良くあると思うので注意が必要です。
山の影というのは想像以上に伸びます、太陽も山に沈んでしまうのが早いです。
私の設置している長野県は山に囲まれた県だから、仕方ないですけどね。
その分、自然災害が少なくて助かっています。
長野県は日射量も多く夏は冷涼なので、発電所設置にはお勧めの土地かと思いますよ☆
ただ、長野県の北の方が雪が多いので、真ん中から下がお勧めです♪
そこなら雪もそんなに降らないので、良いですよ!

ご協力をお願いします。

にほんブログ村

太陽光発電 ブログランキングへ

posted by リアルティ at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする